2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク集

  • ぺったんぱぱへのリンク

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ふたばのシャンプー

まぁちゃんです!いや~、あたたかい日が続いていますね。

ぺったんDOGS連れてどこか行きたいような陽気なのですが、

ぱぱの娘さんの期末試験がまもなくなので、遊んでいられません。

そこで・・・、ここのところシャンプーの回数が減っていたふたばたちを

シャンプーすることにしました。

泡をつくってふたばにかけると・・・うわ~、真っ黒!

でもって洗ったあとは

Sh3800020001

ふっわふわ~upのハズなんだけど

疲れてすやすや・・・

これではどうなってるのかわかりませんね。

たぶん起きる頃には、寝癖でぐちゃぐちゃ。とほほdown

恋をしていたのよぉ!

まぁちゃんです。

今朝起きると、谷山さんが帰ってきていました。

今回の旅は異例の短さです。Sh3800150001

「谷山さん、おかえりhappy01

例によって、谷山さんはこちらを向こうとしません。

「お~い、こっち向いてよ~~~paper」と何度もの呼びかけも空しく、

あっちを向いたりこっちを向いたり。

なにやら物憂げでもあります。

「 谷山さん、あれから何してたの?」

           「恋をしていたのよぉ!」Sh38001600010001

春の予感

今朝、ぱぱさんが突然言い出しました。

「今日はイイことがある気がする・・・heart

・・・ふぅん、そうですか・・・

ということで、夕方何かあったか、聞いたところ

「なにもナイ」そうですbearing

でもね、私もなにか感じます。

わたしは、自然素材で基礎化粧品を作っています。

冬の化粧品は少しまったりした素材で作っているのですが

昨日からなんとなく重く感じるようになりました。

・・・春の予感?・・・

わたしの場合、春のアロマは“ゼラニウム”。

ホルモンバランスを整えて明るい気持ちにさせてくれる

スミレの咲く原っぱのようなイメージの香りです。

明日晴れたら、ゼラニウムベースで

春の化粧水をつくります。

Cocolog_oekaki_2011_02_22_01_26 シーズーの子犬って

                            パンジーの花にそっくりです。

どんどん薄情になっていく谷山さん

谷山さんが今朝また突然行方知れずの旅にでかけると言い出しました。

「えっsign02それでは、その前にせめてブラッシングだけでも・・」

と、慌ててブラシを取り出すまぁちゃん。

谷山さんは気もそぞろ・・・、

そうこうしているとまた例にもよって謎の女出現。

しかも今回の女性はとびきり若い(ような気がする)。

いきなり、谷山さんのテンションは急上昇。

ふだんまぁちゃんには見せたことのない「とびつき」まで出る始末。

(このあたりで、まぁちゃんのひがみは最高潮に達する)

「では」とリードをつけかえられ、いそいそと女に従う谷山さんの後姿にまぁちゃん一言・・・

(なんだか日に日に薄情になっていくようだゎ・・・weep

そんなまぁちゃんの嘆きも空しく

スキップで女の車に乗り込んでいく谷山さんなのでした。

                        (・∀・)ニヤニヤ

              Cocolog_oekaki_2011_02_19_10_11

                        いい男になって帰ってこいよぉ・・・

 

お友だち紹介~頑固でラブリ~、マック君~

ぱぱのお友だちのマック君、柴犬です。

9歳のシニアとは思えない、なかなかの男前ですlovelySh380146 でもって、何をしているかというと・・・

お散歩から帰りたくなくて、リードを噛んで抵抗しているのだcoldsweats01

や、やるなぁ・・・。

日本男児は、男にキビシイ。

未だに谷山さんは、「一緒にお散歩heart01」など許されるわけもなく

10mくらい後ろをついていっても、「ついてくるんじゃないdog」と怒られまくってます。

そんな硬派のマック君、実はとってもラブリ~。

Sh380154 「おねが~い、おなかなでて~~~」heart02

そしてなでてもらうと、すっかり満足してこのお顔・・・

Sh380155

             

    

            マックにいさん、満足していただけましたかsign02

ふたばについて

ふたばは、まぁちゃんが手間暇かけて育てている子です。

どう手間暇かかっているかというと・・・

生まれてから一度もバリカンをかけていないのです。

バリカンをかけずに育てるとどうなるかというと

全身赤ちゃん毛のまま。

全身アンダーコートみたいにふわふわほわほわ。

もつれやすいし、毛玉になりやすい。

毎日1時間くらいブラッシングが必要です。

ちょっとの雨でもぐっしょり水を吸ってびしょびしょ。

しかし・・・だ!

洗ったあとは、化粧用のパウダーパフのさわりごごちです。

きれいでいられるのは、せいぜい2日くらいで、

あとは徐々に砂ぼこりにまみれていくのですが。

下の写真downwardleftは小さなころのふたばです。今でも毛質はかわりません。

091021_23080100010001

ちなみに谷山さんにも、赤ちゃんのころから

変わらないことがあります。

それは・・・Sh3800370002

小型犬みたいに

カートに乗って、かわいくお買いものすることさっ!( ̄ー ̄)ニヤリ

ちゃおについて

ちゃおは、ぱぱ家でいちばん小さくて

いちばん感受性が強くて、

おそらくいちばんいろいろと物事を考えている子です。

ちゃおは子どもの頃、ラブラドールのおばぁちゃんと仲良く暮らしていました。

まだ、谷山さんもふたばも生まれていない頃です。

ラブラドールのおばあちゃんは長い間盲導犬として働いていた

優しい目をしたきれいな犬でした。

子犬のちゃおは、おばぁちゃんからいろいろなことを教わり

何でも真似をしていました。

座り方、前足の組み方、盲導犬のコマンドも、

おばぁちゃん犬らしい「バ~ン」と音をたてて倒れこむ仕草まで

小さな体でしっかり真似をしては、私たちを和ませました。

・・・ちゃおは、おばぁちゃん犬に憧れていたのだ、と思います。

おばぁちゃん犬が亡くなるとき、

ちゃおはずっと隣にいて亡くなってからもさみしそうにしていました。

下の写真downwardrightは、おばぁちゃん犬と小さい頃のちゃおです。

Photo

だから谷山さんが、ぱぱ家にやってきたとき

私はとっても喜びました。

・・・同じラブラドールだから、また大の仲良しになるだろうup

谷山さんがぱぱ家に来てから、もうどのくらいになるでしょう。

今のところ、ちゃおを見る限り、

何ひとつ谷山さんから影響を受けていると思われるものは見当たりません。

Tyao

Taniyama

ガンバレ!タニヤマ!!

谷山さんについて

まぁちゃんです。最近すっかりこのブログをのっとってしまった感じですかネ。

ごめんね、ぱぱ。

谷山さんについて、少しお話しさせてください。

谷山さんは、毎日ふたばによじ登られ、

ぱぱの娘さんのお昼寝マットにされ、

ときどきふたばにご飯を横取りされ、

ちゃおに無視され続けています。

それでもひたすら黙っている谷山さん・・・。

散歩をしては柴犬のおじょうさんにガンつけられ、

ある時はMIX犬のおじいさんに突然首に噛みつかれ、

放してもらえなかったこともありました。

それでも静かに黙っている谷山さん。

平和主義者の谷山さんは「君子危うきに近寄らず」を決め込みますが、

やむを得ず近くを通り過ぎなければならないときは

はじめから「くぅ~ん、くぅ~ん」と情けない声出して降参モードです。

決して尻尾を下げたことはないですが・・・。

谷山さんの「くぅ~ん、くぅ~ん」以外の声は聞いたことがないな。

いったい、谷山さんを怒らせることができる者は現れるのだろうか。

Photo

大人の休日をディズニーランドで❤

まぁちゃんです。

大学時代からの親友と何年ぶりかで

「会おうよnote」ということになって、

場所はどこにしようか・・・ということになり

彼女の提案で、ディズニーランドに決まりました。

わぁupディズニーランドも久しぶり・・・。大人の休日ねheart02

で、どうしても昔できなかったことにチャレンジしようと

やりましたrock勇気をふりしぼって!

そう!スプラッシュマウンテンで万歳をキメることupwardright

Sh38001300010001 キマッタぜ!しかもいちばん前の座席で。

まあ、少し手の向きヘンですが・・・

なんだか阿波踊りのようでもアル。

ちなみに隣の意気地無しが親友です。

へっへ~~、弱虫は置いていくよthunderな~んてね。

しかし・・・

このあと、この大バカ者は

頭の先からお腹まで

広範囲にわたりずぶぬれになったのでした。

しっかり万歳をしたままで・・・。

恐怖の中でとったポーズってしばらく固定されてしまうんだよね・・・sweat02

アロママッサージについて

まぁちゃんです。

私は以前、オスのシーズーを飼っていました。

アロマもドッグトレーニングも知らなかった頃です。

とてもシャイな子で、お散歩もトリミングも彼にとっては拷問でした。

お散歩中にうっかりリードがはずれれば一目散に家に逃げ帰っていきました。

他人がこわいうえに、はじめてのトリミングでひどい目にあってしまい

それ以来、トリマーさんに向かって吠え続け、

噛みつこうとして何度もトリミングをことわられました。

シーズーなのに、一生トリミングできないなんて・・・

あばれまくって爪切りもやらせてくれないし、とても悲しくなりました。

大好きだから、つらくてつらくて・・・。

18歳まで長生きしましたが、

この恐怖からくる噛みつきはプロのドッグトレーナーも見放すほどでした。

今なら、アロマで心をときほぐしながら、

ゆっくりゆっくりその恐怖から救ってあげられたのに・・・と思います。

そしてそのことがドッグアロマをしつけに取り入れようと思ったきっかけです。

ぱぱが、お世話している子の中にも

飼い主さんにすら噛みついてしまう・・・という悩みをもっている子もいます。

自分がえらいと思っている子、恐怖から自分を守るために噛みつく子など

噛みつく理由はさまざまです。

悩みをもっている飼い主さんの助けになれれば、と思います。Cocolog_oekaki_2011_02_05_23_53

タバコ臭い本には・・・

こころぐまぁちゃんです。

図書館につとめているお友だちが困っていました。

「タバコ臭くなって返ってくる本がある・・・」

どうも、家でタバコを吸いながら、図書館で借りた本を読む人がいるらしいのです。

ご本人はぜんぜん感じないのでしょうが

ほかの人はたしかに、かなり気になるものです。

タバコを吸わない私は

においをかいだだけで頭が痛くなりました。

そこで、消毒用アルコールにレモングラスとペパーミントの精油を

ブレンドした消臭スプレーを作ってプレゼントしました。

本が濡れてしまわないように気をつけてスプレーしてもらったところ

大好評up

「においもすっきり、ほのかなアロマのいい香り」lovely

と喜ばれました。

どちらもかなり強烈な芳香を放つ精油なので

お部屋のリフレッシュにももってこいですよ~~~sign03

福はうち!

今、ぱぱとぱぱの娘さんが豆まきをはじめました。

さっき、みんなでもくもくと恵方巻を食べ終えたばかりですが。

いっぱいいっぱい福を招かなきゃね。

なんといっても、今年の私の運勢は、京都下鴨神社(蹴鞠で有名ですよね)の

おみくじによれば・・・「平」・・・?

「平」ってはじめてです。

良くも悪くもなし・・・ということなのか。

幸せになりたいな~~~shineさぁて、わたしも福はうち!

Photo happy02

求めるものが違うから・・・

ぁちゃんです。

私はつねづね思うことがあります。

「シーズーの顔はバラエティに富んでいる・・・」

シーズーが100匹いたとしたら

100匹とも違う顔なんじゃないかな、と思うのです。

「あの子は目がかわいい」とか「あの子はハンサムだ」とか

「うちのはブサイクだからかわいいんだ」とか。

シーズーの飼い主はよくシーズーの顔談義をしています。

目が離れている子、マズルの長めの子、

目の大きい子や小さい(といっても大きいですが)子、

美醜あい乱れて、「みんな違ってみんないい」

そこいくと、ポメラニアンは「おおよそ二枚目」ですかね。

「どれもみんな(そこそこ)きれいだね~」というか

あたりはずれがないというか。

ポメの飼い主たちは「小さいですね」「おとなしいですね」「毛がふさふさですね」とか

言い合っていますが、あまり顔のことは話題にしない気がするなぁ。

これが谷山さんたちラブになると

「うちはいつも腹減らしで・・・」とか「寝てばかりで」とか

「寒がりでストーブの前にばかりいる」「テンション高すぎ」「うちのはアホですよ」などなど。

性格に触れる内容が飼い主の話題の中心になっているような気がします。

求めるところの違いかな。Hutaba

Sh3800060001

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »