2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

リンク集

  • ぺったんぱぱへのリンク

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

今のままの・・・谷山さんでいて・・・

まぁちゃんです。

犬を飼ってない友人から、聞かれました。

「無駄吠えって何?」・・・なるほど・・・・

犬を飼っている人の悩みのなかでも

かなりポピュラーなのが「無駄吠え」「噛みぐせ」「トイレを失敗する」あたりかと思いましたが

犬を飼っていない人には何が「無駄か」ってわかりにくいかも・・・。

そもそも「無駄」でない吠え、って何なのか。

「チャイムが鳴ったときとかにキャンキャン吠えたりするのが無駄吠えかなぁ」

といったところ、その友人が「ふうん、それは無駄なのか・・・」と言います。

「お客さんが来たら、かわいく座っててほしいな~と思う。だから無駄・・・」

「・・・?・・・」友人あまり納得はしてないカンジでした。

番犬を必要とするご家庭には、来客の際に吠えるのは「有用吠え」でしょうが

私の生活の中では、「有用」な吠えが見当たりません。

1+2=3の式でも見て、その答えを「わん、わん、わん(3回吠えたから答えは3)」と吠え声で答える・・

というようなサーカスのような芸でも仕込まない限り、別段吠えてほしい理由が見当たらないのです。

アレっsign02「無駄だ」と思うか思わないかは犬本人じゃなくて飼い主の都合によるわけだ。

・・・な~んて、今さらながらあらためて実感しちゃった。

友人にもそう説明してれば、もう少し納得してくれたかも・・・。

谷山さんは鼻を鳴らして「ふぅ~ん」とか「ひぃぃ~」「ぷすぅん」とか言いますが

谷山さんに会ってからこのかた、「わんわん」という犬らしい声を聞いたことがありません。

あのマッチョな体で、時折「ウォンウォン」なんて低い声で吠えでもしていたら

たとえ彼の生活態度がまったく今のままだとしても

かなり印象が違うだろうな。勇ましいかもな。少しかっこいいかも・・・。

でも・・・小さい子どもはビビるだろうし、

そうなるとどこへでも連れていく・・・というわけにもいかないかも。

谷山さんの声、ちょっと聞いてみたい・・・という好奇心はありますが

やっぱり今のままの谷山さんでいいや。Cocolog_oekaki_2012_05_31_01_18

  • ぺったんぱぱへのリンク
    R0013127_1_3
  • 脳が暴走しているときのアロマ

    まぁちゃんです。

    「脳が熱をもったようにどんどん膨張しようとしている感じ・・・」と思うことってありますよね。

    仕事など順調にいっていて忙しくてすごく充実している、

    寝る時もなかなか寝付けなくて朝は起きた瞬間からそのことで頭がいっぱい・・・

    というようなときにありがちですが。

    昨日までの中間試験が終わって、夕方はじけていたぱぱの娘さんは

    今朝会うなり

    「やばい、GAGAのことで頭がいっぱいだ」と言っていました。

    聞くと昨日はGAGAさんが家に来た夢を見たそうで。

    「頭が痛いような・・・気もする」

    脳が興奮状態ですな。

    少し鎮めてあげないとホントに頭痛になっちゃう。

    そんなとき、私は

    ベルガモット・ラベンダー・サンダルウッド・ペパーミントのブレンドで

    ともかく深呼吸です。頭痛薬を飲む前に・・・ね。

    「赤い靴」・・・といえば・・・

    まぁちゃんです。

    今しがた、ぺったんぱぱさんがしつけレッスンから帰ってきたので

    「赤い靴ネイル」の講評をいただこうとお見せしたところ・・・

    「おおっup爪の先に血がついたようなネイルだ!」と喜んでいます。

    ・・・down私はスプラッターなネイルを創作したわけではありません。

    ところで「あかいくつ~note」の歌は

    「赤い靴 履いてた 女の子 いいじいさんに 連れられて いっちゃった」

    と間違えて覚えていた人がいると有名ですが、私の5歳下の妹は

    「赤い靴 履いてた 女の子 1・2・3・4 連れられて いっちゃった」

    と謳っておりました。行進しながら誰に連れていかれたんでしょうか?

    この部分、「ひいじいさん・・・(大家族でほほえましい)」だと思っていた友人もいます。

    童謡って、大人が解説しながら歌ってくれないから誤解ってあるものですよね。

    私なんか「船頭さん」の歌は

    「村の 私の 船頭さんは 今年60のおじいさん・・・(セレブじゃん。おかかえ船頭か・・・heart02)」

     「ふるさと」は

    「ウサギ おいしい 鹿の山 子ブタ 釣り 鹿の皮」

    Cocolog_oekaki_2012_05_27_13_31 

    いや~、シュールだぁsign03    ・・・鹿山よいとこ、一度はおいで どっこいしょnote・・・

    そうそう、母が毎夜歌ってくれた シューベルトの子守唄は・・・

    「ねむれ 良い子よ 牙山 牙に 鳥も ヒツジも みんな・・・ね む れ ば・・・」

    ・・・かぁさん、こわいよ。オオカミがくるよ。

      みんなで 鳥も ヒツジも さらいにくるよ・・・ってイメージでした。

    いやぁ、怖い怖い。悪魔が来たりて笛を吹きますな。

    大人になって誤解も解けて母に話したところ

    「何それ。そんなに怖かったんなら言えばよかったじゃない。いやな子ね~」と一撃。

    ・・・怖くて怖くて言えなかったんだよぉ。

    赤い靴ネイル

    まぁちゃんです。

    仕事柄あまり華やかなネイルができない(年齢的にも・・・sweat02)ので

    オフが楽なラッカーになっちゃうのですが

    今日のテーマはずばり「センチメンタル」・・・でいこうかと。

    秋には、あまりにもつき過ぎでつまらないので

    初夏のこのすがすがしさの中で、「でもちょっとね・・・weep」みたいな。

    センチメンタル、センチメンタル・・・と考えて

    「赤い靴」にたどりつきました。

    パールの効いたホワイトをあえて縦ラインが残るように塗って真っ白な靴下にみたて、

    フレンチラインは深紅で新月のように細く繊細に真っ赤な靴をイメージしました。

    左の親指にだけセルロイドの人形を連想させるようなアンティークなストーンを

    履きなれない靴のベルトのように載せてみました。

    中間試験中で本人いわく「アンニュイな心持ち」になっているぱぱの娘さんに見せたところ

    今の気分に合致してか、まずまず好評。

    Cocolog_oekaki_2012_05_27_12_31あはは・・・ホンモノはもっと素敵ですよ。

    すっかり悦にいって「あかいくつ~note」と鼻歌を歌っていたところ

    ぱぱの娘さんが一言。

    「・・・で、なんでそれが’赤い靴’なの?」

    え~~~っsign02、赤い靴に見えな~~~い???sign02

    私はこの「白に赤のフレンチライン」って、昔から「赤い靴履いてるソックスの足」にしか見えないんだけどな。

    人の想像っていろいろなのね。

     

     


    世代による声の高さ

    まぁちゃんです。

    週末おうちネイリストまぁちゃんの今日のネイルは題して「初デート

    ネイルをオーバルに整えて上半分にベージュ、1/3に淡いピンク、フレンチにシルバーラメといった

    控え目なもの。

    「好きな男の子の気持ちをまだ探りながら、でもかわいい女の子だなって思われたい、

    そんな気持ちなのよね~heart04」と悦にいっていたところ

    ぱぱの娘さんからガツンと一言。

    「私は初デートでもネイルなんかしない。かわいいとか思われなくていいthunder

    確かにね、ぱぱの娘さんを見る限り「かわいい」は自分のためにあるのであって

    男の子のためにあるようには思えない。

    私たちって、日本中で一番高い声を出してしゃべっている世代なんじゃないか、

    と思うことあります。

    いまだに(子どものころも別に好きじゃなかったのに)「聖子ちゃん世代」っていわれてしまう世代ですから。

    ぱぱの娘さん世代の子たちって、みんな声低いですよ。

    ぱぱの娘さん、お友だち、お友だちのママたち、私・・・でしゃべっていると

    声だけだったら、どっちが子どもなんだかわからないときもありますよ。

    とーぜん、ぱぱの娘さんは昔のアイドルの映像なんか観ると

    「キモい、キモい」。

    最近私もつられて、キャ○デ○○ズ」さんの映像なんか観ると

    「メイドカフェ」なんか連想してしまうことがありますわ(ごめんね、ラ○ちゃん)。

    ・・・時代ってオソロシイ・・・

    あなたはだあれ?



    まぁちゃんです。

    金環日食にスカイツリーのオープンと、

    このごろ明るいニュースが日本中をかけめぐっている気がします。

    暗い話題の多い中で、「ええじゃないか」だとしても

    私は多いにこのお祭り騒ぎを楽しんだ一人です。

    さて、ぺったんdogsの中では一番「そ~んなことはどうだってイイの~spa」なお気楽犬がこのコ。

    2010_0330_100324img_3182

    体ぐにゃぐにゃ、頭もくにゃくにゃのふたばちゃん・・・。

    でも・・・視線の先にあるものは

    Sh380634



    Sh380633_5

    川岸までひなたぼっこに来ていたカメさんでした。

    動物さんをこよなく愛するふたばちゃん・・・

    Sh380636_2

    ・・・カメさん、迷惑だったらゴメンね。

    しばらく歩いていると長さ30センチくらい、とっても細いヘビの赤ちゃんにも会いました。

    出産シーズンですよね。

    Sh380641_2

    こちらの方には、時候の挨拶だけをして

    通り過ぎていくふたばちゃんでした。

    ヘビさんは動物に見えないのかもしれません・・・coldsweats01

    谷山さんの読み聞かせ

    昨日、連れてってもらった

    「上尾市図書館の絵本の読み聞かせ」がとても気にいった谷山さん。

    さっそくお家で、ふたちゃおに読み聞かせをしました。

    2012_0519_191104img_4769

    Photo_3

    Photo_4

    2012_0519_190922img_4764

    Photo_5
    …谷山さん、はじめてにしては上出来でしたよ!

     




    お友だち紹介コーナー ~アオメキバタンのみつるくん~



    2012_0516_181932sh380621


    まぁちゃんです。

    今日のご登場はちょっと珍しいアオメ4キバタンの「みつるくん」・・・いわゆる「オオム」というものですね。

    8歳だから、ぺったんDOGSよりお兄ちゃんですね。

    餌は2種のペレットの混合とシード(種)類をあげています。

    お世話にいった初日は「こんにちはっ、こんにちはnote」と、とても愛想よくご挨拶してくれたのですが

    次の日から、ご挨拶なしweep

    オーナー様にそのことをお聞きしたところ「きっと機嫌が悪いんだわ」とのことでした。

    どうやら大好物のおやつのパンbreadをあげなかったかららしい。。

    今度はパンをあげるので、機嫌を直してくれるでしょうか?

    実はこのみつるくん「お手」「おかわり」はもちろんのこと

    ぺったんDOGSにも真似できない「バンザイ!」の芸ができる多芸多才オウムちゃんです。

    ケージが狭いので、お見せできず残念ですが・・・。

    真っ白できれいな瞳のかわいい子ですよ。

    大好き!なGAGA様

    まぁちゃんです。

    ぱぱの娘さんが大好きheart

    レディー・ガガ【THE BORN THIS WAY BALL

    行ってきました。

    5月12日(土曜日)のさいたまスーパーアリーナのコンサートでしたが

    2日たっても、いまだ興奮さめやらず

    学校でも歌いまくったようです。

    これが遠征前のぱぱの娘さんの雄姿・・・

    Sh3800550001

    ちょっと遠目で、本人気にいらないかもしれませんが

    ともかくもガガ様とのツーショットです。

    メイクもばっちりキメて、JUDAS風なのですが・・・写真ではよくわかりませんな。

    「外出は制服で・・・」をしっかり守って制服姿です。

    いや実は、私ことまぁちゃんも行く気満々だったのですが。

    がんばって抽選にチャレンジし、どうにかS席をゲットしてあげたところ

    ぱぱの娘さんにフラれてしまいました。

    Sh3800570001
    「友だちと観たほうがガゼン盛り上がるhappy02」んだそうで・・・crying

    ・・・だろうな・・・私が中学生だって、そうするよconfident

    心配なので会場まではしっかり着いていって、おかかえメイクアップアーティストとして

    しっかり二人の化粧をしてさしあげましたワ。

    頭にはまぁちゃんお手製の似顔絵ハチマキで、しっかり大和魂、PRしました。

    唇には、買ったきり一度も使ったことのない「シャネルの赤」。

    おおkissmark、こんなに遠慮せずにルージュが塗れるなんて・・・!

    と私もだんだん楽しくなってきました。

    開演も近づくと、あちらからもこちらからも下着のような衣装でコスプレしている

    大小さまざま、お国もさまざまのGAGAさんたち・・・

    しっかりウォッチングさせてもらいました。

    コンサートも最高で、最初から最後まで叫んで歌ったそうです。

    帰ってきてからは

    「ガガだったんだ。本当にガガだったんだ・・・」と夢うつつ。

    よかったね、ぱぱの娘さん。

    大人になったら、アメリカに行ってイヤというほど

    ガガ様観てらっしゃいな。

    反省するふたば



    まぁちゃんです。

    軽井沢のバラはいつごろが見ごろなのでしょうか。

    タリアセンのバラ園にはひとつも花が咲いていません。

    でも、それはそれとして、ひっそりとしたバラ園は趣があるものです。

    「しばらくじっとしていたいね~」とぱぱの娘さんと話していたところ

    2012_0505_153400img_4735
    「あっ・・・heart01

    2012_0505_153407img_4736


    かもさんが、池から上がってきました。

    2012_0505_153433img_4738
    オスもいるnoteなぜか、メス2羽、オス1羽のグループです。

    ハーレムかな・・・coldsweats01 しかし、結構うまくいっているようです。大奥ですかね。

    そしてだんだん3羽は我々のほうへ近づいてきました。

    鳥好きのぱぱの娘さんはワクワク・・・餌をあげようと準備をはじめました。

    2012_0505_152243img_4729
    かもさんをみつめる谷山さん・・・

    2012_0505_152306img_4730
    かもさんに気付かないちゃお・・・               

    しかし、そこで突然、この静寂をこわす事件が起きたのです。

                   

    Cocolog_oekaki_2012_05_13_23_25ふたばの猛アタックheart04に、慌てて池に逃げていく3羽dash

    「ふたばは鳥さんが好きなだけで、何もしない子なのよ~。(しつこいけど・・・)」

    と叫んだところであとの祭りですcrying

    ト~ゼン、ぱぱの娘さんからはしっかり叱られてしまいました。

    Hansei_2

    ・・・反省する ふたば・・・。

    ケロコロと谷山さん

    2012_0505_151142img_4720

    まぁちゃんです。

    おもしろいオブジェがあったので、谷山さんとパチリ!

    noteケロちゃんとコロちゃんは私の宝物のうちのひとつです。

    かわいいでしょ?

    2012_0505_150350img_4716

    こちらは題して「谷山さんとケロちゃんたちのかくれんぼ」・・・はたして

    谷山さんは何匹のケロちゃんをみつけられるでしょうか・・・?

    新緑のタリアセン その3

    まぁちゃんです。

    軽井沢の良さは、中心地はアウトレットや旧軽井沢など、

    おしゃれな雰囲気が漂う観光スポットででありながら

    一歩足を延ばすと信濃追分や北軽井沢など自然満載の「田舎」であることではないか・・・

    と最近思います・2012_0505_150012img_4713

    そして、その「田舎」に、子どものころ東京で見たような風景が残っていたりする・・・

    すっと昔ではなく、ちょっと昔のなつかしさが私にとって魅力です。

    2012_0505_150144img_4714
    ・・・ねsign02 ほらup

    まぁちゃんと同世代の皆さま、ランドセルしょって道草していた

    子どものころのシロツメクサの野原を思い出しませんか?

    新緑のタリアセン その2

    まぁちゃんです。

    2012_0505_134856img_4702

    その1から引き続き、鯉の餌あげに興じている、ぱぱの娘さん。

    魚類、昆虫、鳥類と・・・なぜか哺乳類より他の動物たちをこよなく愛する中学生です。

    おっと・・・谷山さんとぱぱの娘さんの間になにやら不穏な空気が流れていますshock

    どうやら、鯉の餌を自分のおやつだと思っているようです。

    このドン臭さがときたま多感な中学生の癇に障るらしく

    ぱぱの娘さんと谷山さんは、小競り合いを繰り返していますcoldsweats012012_0505_153309img_4733

    それにしても、すてきな初夏の風。

    トトロやねこバスが飛んでいそうな空・・・。

    2012_0505_141959img_4706_5
    まだ見ぬ素敵な人との出会いのために

    ご利益があるだろう・・・などとそそのかして、

    恋人たちの象の前で、ぱぱの娘さんの記念撮影をしました。

    本人はあまり気乗りのしない様子だったな・・・。

    おせっかいなオトナのワタシですcoldsweats01


    新緑のタリアセン その1

    まぁちゃんです。

    GWを利用して、ぱぱの娘さんと軽井沢に行ってきました。

    ぱぱさんは仕事の関係で2日に私たちを送ってくれて

    6日に迎えに来てくれました。

    軽井沢では、私が運転しましたよ。

    あまり天気には恵まれなかったけれど、5日はぱぱの娘さんのリクエストで

    冬の間はかちかちに凍っていた塩沢湖のタリアセンへ・・・。

    2012_0505_133427img_4699
    タリアセンもGWとあって、たくさんの人とわんこたち。

    冬の間は無料だった駐車場も500円、入場料もしっかり取られましたが

    やっぱり楽し~いsign03季節がよいheart02ということは素晴らしいですね。

    谷山さんたちも、なんだかそわそわ落ち着かない様子。あっ、ぱぱの娘さんも・・・。

    でもいいや、撮っちゃえmovie

    2012_0505_134918img_4703
    見て見て!この青空と今満開のヤマザクラ。

    ヤマザクラは、ソメイヨシノに比べてやや青みがかった濃いピンクです。

    ぱぱの娘さんは「水」が好きなのです。

    湖、海、川、沼、果ては噴水から水たまりに至るまで見ているだけで幸せ・・・だそうで。

    鯉の餌を買い求め、小学生に交じって大喜びで投げています。

    2012_0505_135136img_4704
    「まぁちゃんも、餌あげたい?note」・・・と聞いてくれますが

    ぱぱの娘さんほどは情熱的に「餌あげた」くないので遠慮しました。

    おっと・・・、ちゃおもそんなに「餌あげた」くないみたい・・・。

    (その2につづく)

    « 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »